プラセンタサプリ 低分子

低分子化されたプラセンタ配合のサプリのメリット

プラセンタサプリ低分子化

プラセンタに限らず最近は低分子化したサプリというのが流行っています。これらは薬品を作る科学技術の進歩によって実現しているのですが、そのメリットは人間の体が吸収しやすいということです。

 

人間の体は摂取したプラセンタなどの当然吸収しきれません。そこで低分子化することによって、人間の体が吸収しやすくしているというのが違いです。
そして、吸収率が高いということは人体への負担が大きくなると思われがちですが、実際は吸収率が高くすんなりと吸収できる方が負担も少ないです。

 

分子が荒くて吸収しにくいという状態は人間の体は頑張って吸収しようとするので負担が掛かります。これは吸収をするためのトレーニングになるというようにも考えられますが、結果的に疲れてしかも吸収しにくいということなので、トレーニングになるとしても簡単に吸収できる方を選択した方がメリットが多いです。

 

低分子化されることで、スムーズな吸収をサポートすることで、よりプラセンタの栄養を余さず取り入れるのに役立つという点で、低分子化されたプラセンタサプリは人気が高いです。

 

プラセンタサプリ選びはプラセンタの濃度や製法に加えて、プラセンタの質にもこだわることで、より良さを感じられる期待性が高くなります。
豊富な栄養を含んだプラセンタの良さを実感するためにも低分子化されたプラセンタに注目してみてください。

 

低分子化馬プラセンタを高純度で配合したのがTP200

TP200は分子量が500以下という低分子化にすることに成功し、飲んだ後にも体に吸収されやすくなっているというのが特徴です。
高濃度の馬プラセンタが含まれた豊富なたんぱく質が補えます。毎日の健康や美しさを維持したい方にも嬉しい栄養補給に役立ちます。

 

ノンカロリーのカプセルに入っているので、ダイエット中でも飲みやすいです。

 

フリーズドライ製法で高純度を実現

プラセンタサプリの製法としては色々な製法がありますが、一般的に多いスプレードライという製法は、プラセンタエキスをスプレーを振りかけることで乾燥させるので、エキスの段階から不純物が取り除かれることはなく、不純物が多くなる傾向にあります。ただし、コストが抑えられる為、多く採用されている製法でもあります。

 

一方で、フリーズドライという製法は、プラセンタエキスを凍らせて、不純物を取り除いて乾燥させる手法です。そのために高純度が達成できるということです。

 

しかし、スプレーをかけるよりは手間がかかるというデメリットがあります。インスタントコーヒーもこのフリーズドライという製法が取られており、コーヒーを本格的に楽しみたい人は豆からこしていますが、インスタントの場合は不純物を取り除いて粉上にしてあるので粉を入れて飲むだけになります。

 

コーヒーの場合は豆の苦みがうまみでもあるので、味わいが減るのですが、プラセンタの場合は栄養の摂取が目的なので製法によりマッチします。

 

プラセンタサプリTP200は北海道産サラブレッドプラセンタを低分子化することに成功しており、栄養価の高い高品質プラセンタが誰でも手軽に摂取できる商品です。もちろん品質の安定性にも優れていて、新素材植物性カプセルを採用することで水分量3%前後を実現し素材に影響を与えにくくなっています。

 

 

tp200next公式ページへ

 

>>TOPページへ